被爆(ひばく)とは何か

放射能は遺伝子を傷つける

被爆(ひばく)とは何か

放射能から放出される放射線を浴びると、人体の細胞が破壊されてしまいます。放射線を浴びたことで体に変化が起きることを「被爆(ひばく)」と言います。

細胞が破壊されることを詳しく説明すると、DNA(デオキシリボ核酸)にある遺伝子が傷つくということです。
DNAはらせん状で二重のひものようになっていますが、放射線によって切断されてしまうのです。

どんな状態なのか、DNAというものが目に見えないのでわかりにくいかもしれませんから、ひとつの例を挙げておきましょう。

例えば、日焼けの場合です。
日光を浴びると紫外線によって皮膚の表面が焼けてしまうわけですが、これは皮膚の細胞のDNAが切断されていることに他なりません。紫外線は皮膚の表面だけで留まり、体の奥深くまでは入っていきませんが、放射線だとそうはいきません。
放射線は体の奥深くまで入っていって、臓器等、大切な部分のDNAを切断してしまう恐ろしい力があるのです。

人体の自然治癒力の限界

でも、人体には、DNAが傷ついても自分で治す力が備わっています。人体を作っている多くの細胞は、毎日新しい細胞に入れ替わるため、古い細胞は自然に死んでいくのです。

このような働きを、新陳代謝(しんちんたいしゃ)といいます。
ですから、たとえ被爆しても、残っている元気な細胞があれば生きていけるのですが、破壊される細胞があまりにも多い場合は異なります。

DNAを治して新しい細胞を作ることが間に合わなくなると、いろいろな臓器等が正常に働かなくなる可能性が出てきます。
では、どの程度までなら大丈夫なのでしょうか。

 

このページのトップへ